簡単お腹ダイエットに必要な脂肪と摂ってはダメな脂肪とは!?

簡単お腹ダイエットに必要な脂肪と摂ってはダメな脂肪とは!?

現代人の肥満の原因は動物の肉の脂肪分ではなく、穀物などに含まれる糖質です。

 

代謝しきれずに余った糖質が中性脂肪となって蓄積される...これが現代人の肥満の要因です。

 

食べる油は、淡水原子の二重結合があるかないかによって

 

「飽和脂肪酸」

 

 

「不飽和脂肪酸」

 

に大きく分けることができます。

 

ココナッツオイル、パームオイル、母乳などに含まれるラウリン酸、牛肉、卵、鶏肉、魚介類などのパルチミン酸、肉類、卵、チョコレートなどに含まれるステアリン酸は飽和脂肪酸です。

 

この飽和脂肪酸は食べるとすぐにエネルギーとなります。

 

はココナッツオイルのサプリメントなどで良質な脂肪酸のみが凝縮されているものなんかも手軽に買えます。

 

炭水化物(糖類)のエネルギーは「シュガーバーナー」といって、焚火の枯れ葉のようにすぐに燃え尽きてしまいますが、脂肪は「ファットバーナー」といって丸太のように長時間かけて燃焼するのが特徴です。

 

 

脂肪はエネルギー効率が良いのです。 

 

 

そして不飽和脂肪酸は体内で合成できないために「必須脂肪酸」と呼ばれています。

 

このうちオメガ6脂肪酸を取り過ぎて、オメガ3脂肪酸が不足しがちといアンバランスが問題となっています。

 

特に私たちが意識して摂取したい必須脂肪酸はイワシ、マグロ、サバなどに含まれるEPAとブリ、サバなどに含まれるDHAです。

ハムやソーセージ等の加工肉は肉類で80%が脂肪分なので注意!

80%が脂肪分ということは当然良質なたんぱく質とは言えませんし、添加物まみれです。

 

また家畜類の肉も技術が発達し、遺伝子組み換えのものが一般のスーパーや精肉店で出まわっているので脂肪分や皮は切り落とした方が安心です。

 

また卵を生で食べる場合には白身を除いた方が安心です。白身に含まれる「アビジン」というたんぱく質にはフィチン酸と同様に栄養の吸収を妨げる作用があるからです。

 

魚も天然魚、特にイワシ、アジ、サバなどの青魚、サーモン等がおススメです。

 

缶詰、塩漬け、燻製などは避けましょう。

関連ページ

お腹ダイエットに効果的な食事法
ちまたに溢れた(お腹)ダイエット方法は効果はあるってわかっていても中々長続きしない!特にお腹ダイエットこだわって簡単に週2日実践した結果驚きの効果が!
お腹ダイエットはまず主食の選択から始まる
ちまたに溢れた(お腹)ダイエット方法は効果はあるってわかっていても中々長続きしない!特にお腹ダイエットこだわって簡単に週2日実践した結果驚きの効果が!
お腹ダイエットが長続きさせるには無理のない運動から始める!
ちまたに溢れた(お腹)ダイエット方法は効果はあるってわかっていても中々長続きしない!特にお腹ダイエットこだわって簡単に週2日実践した結果驚きの効果が!
簡単お腹ダイエットの敵!? 肉はダイエットに不向きという誤解
ちまたに溢れた(お腹)ダイエット方法は効果はあるってわかっていても中々長続きしない!特にお腹ダイエットこだわって簡単に週2日実践した結果驚きの効果が!
お腹ダイエットに最適な食材! 簡単酢レモン効果とポイント
ちまたに溢れた(お腹)ダイエット方法は効果はあるってわかっていても中々長続きしない!特にお腹ダイエットこだわって簡単に週2日実践した結果驚きの効果が!
お腹ダイエットに欠かせないオメガ3脂肪酸とは一体!?
オメガ3脂肪酸は今の現代人に欠かせない必須脂肪酸です。お腹ダイエットをするならぜひ欠かせない食品です。ちまたに溢れた(お腹)ダイエット方法は効果はあるってわかっていても中々長続きしない!特にお腹ダイエットこだわって簡単に週2日実践した結果驚きの効果が!