お腹ダイエットに効果的な方法と食事

お腹ダイエットに効果的な方法と食事

お腹ダイエット,簡単,長続き,

ぺったんこの引き締まった憧れのお腹は美に関心の高い女性なら誰しもが望むもの。

 

でも、実際、お腹は身体の中でも一番贅肉がつきやすいところですし、ちょっと食べ過ぎただけで、食後お腹がぽっこりとしてしまうことも。

 

その「ぽっこりお腹」はまさに女性の6割以上が気にしているとある調査結果が出ています。

 

それって直すのは難しいってこと?と思いますが、ちょっとした食事や運動の基礎知識に気を配るだけでもぺったんこお腹が手に入るのです。

 

3日坊主のあなたでも大丈夫な簡単長続きな基本を抑えましょう。

 

 

運動後に食事を取り入れる

 

多くの方がされるように、夕飯に量を持ってくるのでなく、運動をした後の食事の量を多くするように気を付けましょう。

 

運動で体内に貯蓄された燃料が消費された分、それを食べ物が補って体力を回復してくれるのです。

 

そして、更に、この回復の段階にいるときには、体内に入ってくるカロリーや栄養素は通常時よりも脂肪として蓄積されにくくなり、筋肉組織により吸収されやすいのです。

 

運動後には脂肪が少ない牛肉、鶏肉や魚などの蛋白質と玄米などの繊維が豊富な炭水化物を摂るのがお勧めです。 

 

自分のペースで食べる量や回数を守る

 

1日5食摂るとダイエットに良いといいますが、これは意外と難しいですよねw

 

そこで、自分のスタイルに合った回数で1日に摂る量は変えず、1回に摂る量を気をつけ、更におやつの栄養も考えた食事にしましょう。

 

多くの人がおやつが一食分に当たってしまい、通常食が「ご馳走」に当たってしまっているので、注意が必要です。

 

脂肪を上手く取り入れる

 

ダイエットに脂肪は禁物と思われがちですが、脂肪の多い食品を食事カロリーの2〜3割にするのが実はダイエットへの近道なのです。

 

とはいえ、ファーストフードのよう糖質の塊ではなく、アボカドや魚のような不飽和脂肪酸を摂りましょう。

 

また、炭水化物を多く摂取するより、油脂を多く摂取した食生活を送った人の方が、25日間少ない期間で10ポンド(4.54キロ)の体重減少を達成できたという報告もあります。

 

飽和脂肪酸を中心に、肉類、卵なども是非食事に取り入れてください。

 

カロリーを気にしすぎない

 

単純に考えて摂取カロリーより消費カロリーが上回れば、人は痩せることができます。

 

でも、それがストレスの原因になり、逆効果になることも多いことも実際には。

 

そこで、基本は、プレートを用意し、そこに半分野菜を盛り、それから玄米を更にその半分、脂肪分の少ない肉をその残り、といった割合で盛ってみるのがおススメ!

 

満腹感と引き締まったお腹が一石二鳥で手に入りますよ!

 

炭水化物も量を守れば必要

 

糖質制限ダイエットに代表されるように、炭水化物はダイエットの敵と思われている方もいるかもしれません。

 

でも、食べ過ぎなければ問題は無いのです。

 

炭水化物は上手く食べればお腹を満たしてくれますし、カロリーの摂りすぎをさけることもできるのです。

 

ただ、白いパン、パスタ、白米などの精製されたものより、意識して繊維が豊富な全粒粉製品や玄米などを進んで摂ると更によいでしょう。

 

代謝を上げる為に筋肉をつける食事をする

 

お腹周りが痩せるには、代謝をあげる必要があります。

 

そこで、ウエイトトレーニングをし、その後に脂肪分の少ない肉を170mgかヨーグルトまたはスムージーにプロテインパウダー(アミノ酸スコア100の植物性のものが最適)をスプーンに2杯ほど入れたものを摂りましょう。

 

プロテイン40gを摂ることが、筋肉を質を良くし、脂肪を減らす助けとなるのです。

 

腸内環境を整える

 

乳製品は脂肪が気になる、という方もいますが、乳製品やめることで、シグナルが出され、身体がより多くの脂肪細胞を作り出そうとするという報告もあります。

 

乳製品に含まれるカルシウムが脂肪細胞を小さくし、お腹を平らにしてくれるのです。でも、カロリーは高いので、低カロリーのものを選び、量を調整するようにしましょう。

 

人口甘味料は避ける

 

人口甘味料を含んだダイエットソーダやアルコールを飲むと、メタボの原因になるという周知の事実があります。

 

カロリーばかりを考えるのではなく、食べ物、飲み物に甘さを加えたいときには、黒糖や蜂蜜など、自然のものを摂るよう心がけ、且つ量もとり過ぎないようにしましょう。


お腹ダイエットに効果的な方法と食事記事一覧

週2日のお腹ダイエットの基本は何事にも無理せず、ストレスフリーということですが、特に食事は注意が必要になります。 食べたものを食べるというのはノンストレスの基本ですが、かといって暴飲暴食などは愚の骨頂というのは理解していただけると思います。ここでは私が特にポイントとなる食事方法を簡単にまとめてみましたのでご参考にどうぞ。間食はとってよし!昼食後、何も食べないと夕食にはかなり空腹でつい食べ過ぎに。午...

なんといってもメインは玄米です。または、どうしても麺がいいという人は10割蕎麦、全粒粉のパスタとなります。一般的にも難しいと思われている玄米の炊き方ですが、いざ実際やってみるとそんなに難しくありません。コツは炊く前に2時間以上水につけることと、2合炊く場合は白米を3合炊く場合の水の量で炊くこと(ここは好みにもよりますが、これが一番食べやすかったです)玄米はスープカレーや天津飯等の中華あんかけ等の汁...

私のお腹ダイエット成功がこんなにも短期間で効果があがったのかは、やはり運動のよるところが大きかったように思います。といっても、しっかりと週ごとに決めたメニューが実践出来たわけではなく、全く運動をしなかった週もありましたから、運動を取り入れなくても確実にダイエットの効果は上がるでしょう。なので、運動に関しては参考程度にしてみてください。ダイエットのみならず、アンチエイジングの観点からも運動は必要にな...

食に関する現代人の情報で肉が体に悪いという誤解を招くような発言やそれらを鵜呑みにしてしまっている人達が本当に多いのでここではその誤解を解いていきましょう。肉の悪いイメージにガンになる。腎臓に負担がかかる。太る。ビタミン不足になる。色々な思い違いがあるようですが、肉を食べることでどれほどの健康効果がえられるかは数々の研究で既に証明済みなのです。例えば、総カロリーの20%以上のタンパク質を摂取すると、...

現代人の肥満の原因は動物の肉の脂肪分ではなく、穀物などに含まれる糖質です。代謝しきれずに余った糖質が中性脂肪となって蓄積される...これが現代人の肥満の要因です。食べる油は、淡水原子の二重結合があるかないかによって「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に大きく分けることができます。ココナッツオイル、パームオイル、母乳などに含まれるラウリン酸、牛肉、卵、鶏肉、魚介類などのパルチミン酸、肉類、卵、チョコレー...

お腹ダイエットの食事方法のぜひ取り入れたいのが酢レモン!スッキリ爽やかな味や香りを楽しめるだけではなく、体の中から日常の疲れを癒してくれますよ!酢レモンの3つの効果疲労回復酢には酢酸、レモンにクエン酸が含まれます。これらには体内でエネルギーを循環させ、疲労を軽減する効果があります。血糖値の上昇を緩やかに酢酸やクエン酸には血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。食事に取り入れることで太りづらい体に...

昨今ニュースをにぎわすガン等の生活習慣病のリスク。そんな生活習慣病の予防に効果的とオメガ3脂肪酸が注目されています。オメガ3脂肪酸とは、魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称をいいます。栄養学では健康のために意識して摂るべき必須脂肪酸として位置づけられています。主な効果として血流改善やコレステロール値の低下、アレルギー抑制など幅...