腸内環境を整えて簡単お腹ダイエット解消へ!

お腹ダイエット成功の第一歩は腸内環境を整えること!

お腹ダイエット,簡単,長続き,

腸内フローラという言葉を聞く機会が多くなりました。

 

でも、それって何なの!? って詳しくは知らない人が多いと思います。

 

簡単にいうとフローラというのは細菌叢のこと。

 

「叢」というのは「くさむら」とも読み、お花畑のように色々な細菌が沢山いる状態を指します。

 

その最近の数は100兆個ぐらいあると言われていて、ヒトの身体の細胞が40兆個ですから、ヒトの細胞の2倍以上の細菌が腸の中にいるわけです。

 

どんな細菌が腸内にいるかは人によって様々で異なるといいます。

 

その100兆個もの最近は腸の中で何をしているの?

 

その働きが全て解明されているわけではないのですが、腸内には

 

善玉菌日和見菌悪玉菌

 

がいて、善玉菌というのは名前の通り人体にとって有益な作用をもたらすということです。

 

しかも、善玉菌がいることで人体の一部はうまく働くということも証明されています。

 

つまり、ヒトは「腸内細菌に依存して生きている」ということが言えます。

 

一方で、人体にとって好ましくない作用をもたらす悪玉菌、それに日和見菌もいます。

 

体調の変化で菌の働きにも変化がある?

 

体調が悪かったり、食事や食べるものが偏ってしまうと、日和見菌も悪玉菌側について、悪玉菌が増えてしまうのです。

 

しかし、食事内容や生活習慣を見直す事によって、腸内フローラの中の善玉菌増やすことが出来ます。

 

さらに、腸の働きを鈍らせないように便秘や下痢を予防すること。

 

そしてヨーグルトやキムチ等から乳酸菌やビフィズス菌などを摂取するとともに、食物繊維を沢山摂取することが大切になります。

 

お腹ダイエット,簡単,長続き,

 

善玉菌

 

悪玉菌の働きを抑え、腸内を健康に保つ菌。

 

便秘や下痢を防ぎます。

 

代表は乳酸菌や乳酸菌シロタ株、ビフィズス菌など。

 

日和見菌

 

中間的な菌で、善玉菌が優勢だと何もしませんが、悪玉菌が増えると、悪玉菌の味方をすることも。

 

代表は大腸菌、バクテロイデス等

 

悪玉菌

 

発がん物質や有害物質を発生させ、腸内を腐敗させます。臭い”うんち”の原因。

 

代表は黄色ブドウ球菌、ウェルシュ菌、大腸菌等。

 

 


腸内環境を整えて簡単お腹ダイエット解消へ!記事一覧

腸は風の場所≠ニいわれ、風通しをよくすることで体全体が健康になると考えられています。お腹ダイエットに効果的な身体の体操では下腹部を刺激するものや、ガス抜きをするのが大切。これらの体操を取り入れると腸が元気を取り戻し、便秘や下腹の悩みを改善できる大腸への有効なアプローチとなります。また、副交感神経が優位なときに活発に動くという腸の性質とも相性がいいと言います。交感神経が優位となるハードな運動より、...

腸が健康なら身体も健康、オナラが臭わない、お肌がキレイになるといいことずくめ!そんな腸内環境を形成してる腸内フローラの構成員”腸内細菌”を知り味方につけるといいってことです!腸を構成する大腸と小腸の働きとは!?大腸大腸壁から水分やビタミン、ミネラルなどを吸収し、そこで残った水分や、小腸で吸収されなかった栄養分などを吸収する。小腸主に栄養を吸収する。腸内細菌の働きとは!?1、腸というのは免疫に関わる...

お腹ダイエットには腸内環境を整えて腸内フローラのバランスを保つことが重要というのはお分かりとお思いですが、では実際どうすればいいのか!? というところを紹介します!腸内フローラのバランス形成におススメなのが酵素酵素というのは、全ての食べ物に含まれているタンパク質の一種で身体の内部で代謝に関わる重要な要素のであります。代謝サイクルがうまく出来れば、老化を遅らせて見違えるように健康に生活できるようにな...

腸内環境を整えて、善玉菌優位な腸内フローラを保つためには乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維などを積極的に摂取すること、それが腸内フローラにとって良いということが最近の研究でどんどんわかってきています。身体に良い作用をもたらす生きた乳酸菌やビフィズス菌などなどが入ったヨーグルトのように、身体に良い影響を与えてくれる食品を「プロバイオティクス」といいます。それに対してポリデキストロースやイヌリンなどが含ま...

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、食物繊維の摂取目安量は成人男性で1日辺り20g以上、女性で18g以上とされています。また食物繊維だけではなく、ビタミン・ミネラルの重要な供給源として「健康日本21(厚生労働省)」では果物は1日200g摂取摂ることを目標に挙げています。食物繊維やビタミン、ミネラルなどは様々な食品からバランスよく摂取することが大事です。そこで注目したい...

大豆に含まれる大豆イソフラボンという成分は、体内で女性ホルモン・エストロゲンのように働くため、とくに更年期以降の女性は大豆を積極的に摂取するとよいといわれてきました。ところが、腸内フローラの研究が進んだ今、大豆イソフラボンをエストラゲンのように働かせるのはある種の腸内細菌の力によることが分かったのです。およそ15種類の腸内細菌が大豆イソフラボンからエクオールという物質をつくり、それがエストロゲンと...

日本には納豆、味噌、醤油といった独自の発酵食品があり、簡単お腹ダイエットのための食事法でも取り入れることが望ましいでしょう!これらの発酵食品は、大豆に含まれるサポニンなどの有害物質が分解されているので、納豆は良質のタンパク源として摂ることができ、味噌や醤油も調味料として利用できます。特に納豆は腸の内側に生息する微生物を活性化してバランスよくしてくれます。それによって心身の状態が改善され、リーキーガ...